前回の続き。

ーーーーーー

職場の過労の裏に「恐怖」「不安」あり。
それでもなんとか立て直そうと努力している間に、
さらに体力や正常な判断力を失う。ということもあります。

周りの人も過労でいっぱいいっぱいだったりします。
相談は、信頼できそうなところを探して、お早めに。

ーーーーーー

本部人事のNさんに電話をかけて、
もう少し繁忙ではない部署をさぐりましたが
「今はどこも大変」との回答。

パートさんと派遣職員さんが雇い止めになったあと
のりきったものの、あまりに心身の状態がひどい。

パワハラ係長や、時短返上&雇い止め課長部長は
もちろん、相談先に選ぶことはできず。
同僚も斜め上司も忙しすぎ、
話す相手には選べず。
当時無職(今はデイトレーダー)の主人は
本調子ではなさそうだったので、相談相手には選ばず。

近所の臨床心理士に自費でかかり相談しながら
状況や対策を整理し
近くのクリニックに行ったら、
「抑うつ状態」を通りこし、すでに「鬱病」でした。

診断書をY部長に見せて報告・相談すると
「そういわれてもすぐには対応できない」という
奇妙な答えをもらいました。

「手続きについて聞いているのではなく、私は限界だと言ってます」
という簡単なことが、ここまでハテナな状況になると
いっこうに伝わらないのですね。

「もうだめだな。一週間以内にうごけなくなるな」
という感覚だけはあるので、
K係長以外の斜め上司と同僚たちに
窮状を説明し、業務マニュアルを配って
「たぶんあと一週間で出てこれなくなるので、ほんとうにすいません。
あとよろしくお願いします」
と申し送りました。

彼らは確認質問もなく、
「大丈夫?」
ともきかず、
「いったい何が起こったのか、ではどうするか」
などの投げかけも口にせず、
ただ、マニュアルを受け取りました。

ちょっと普通ではない……。
と、おもいませんか。
そういう状態に、職場ぐるみでなるなんて。

「ブラック」とはそういう「普通ではない」状況が
セーフティネットを二重三重に崩壊させていく状態を
いうのではないかな。とも思います。

「一週間後を境に、出勤どころか1ミリも動けなくなる」という
本人と家族には地獄なんですけど、
回復に気が遠くなるほど長い時間がかかりましたけど、
取り返しのつく状態で終われました。

体がブレイカー機能を持っててくれて、まだしもでした。

「ブレイカーが落ちる」という表現そのまま、

一週間後の朝私は、主人のパソコン机の横で
文字通り、腰が立たなくなりました。

体操ずわりのまま、1ミリも動けなくなったんです。

英語のことわざで「ラクダの背中の最後の一本のワラ」ってのがありまして
「これがそうかー」と、だいぶ自分が持ち直してから思い返したものです。

主人からS課長に電話をしてもらいました。
主人がメールや電話で何度も説明してくれたにもかかわらず、
しつこくしつこくしつこく
本人と話そうと電話がかかってくる。おびえながら無視しました。
気力も体力も尽きて、もはや電話に出られなかったです。

臨床心理士も「話すのは無理でしょう。話さなくていいですよ」
と言っていました。
学生相談室のTさんは、
「Sさんが相手だと大変だったでしょう」とは言ってくれたものの
学生対応であっぷあっぷだったらしく、
メールも返信が迅速でない、何かが行き違う、という
ご本人は一生懸命してくれていても、
もう1ミリも動けない私には、やりとりが苦痛すぎました。

で、真夏の暑い中に
「1ミリも動けない」との訴えは無視で
「産業医の先生のとこまで受診に行け」
(1時間半電車を乗り継いで。またまた往復3時間ですよ)
というお達しが、再度参ります。

思いやりのかけらもない。と、そのとき思いました。
とことん人を尊重しない職場だったなーー。

やっとのことで産業医に会いに行って、
倒れ込むように椅子に座りましたらば
つくづく同情されました。

ーーーーーー

こんなふうに
へとへとになってしまったのが昔の私。

なので、がまんしないでください。

職場や家庭に、安全や信頼がちょっと不足しているなと思われたら
ちゅうちょせずに
AQUAVITEを、ネクストステージコンサルティングを
使って頂きたいのです。

過去の私にちょっと似たがんばりやさんに
「ご一緒に、整理しましょう」とお伝えしたくて、仕事をしています。